飲む育毛剤とは?効果は本当にあるの?

飲む育毛剤は色々あります。サプリもありますし、完全な医薬品もあります。

そもそも塗布するタイプの育毛剤の配合成分にも口飲するものと同じ成分が配合されているものもあります。

しかし、医薬品の場合は育毛剤やサプリにはない有効成分が入っている場合があります。

男性の薄毛抜毛の場合、その原因になる要素の中で極めて確率が高いのは、いわゆる男性型脱毛症なのです。

これは、塗布タイプの育毛剤や、育毛サプリでは完全なる解決には至りません。

男性型脱毛症の主な原因は男性ホルモンの過多によって引き起こされます。

このメカニズムを説明すると、結局原因のポイントはDHT(ジヒドロテストステロン)にあります。

テストステロンと言う男性ホルモンが頭皮に存在する5aリダクターゼと言う酵素と結び付く事でDHTと言うハゲになる男性ホルモンに変化してしまう訳です。

この事で、髪の成長が強く妨げられて発毛サイクルが著しく乱れてしまうのです。

発毛サイクルが乱れ、発毛サイクルが遅くなり、抜毛サイクルが早くなるのです。

また、髪が丈夫で太くならない為に、その後の成長に至りません。

よって、抜毛だけになり、完全な薄毛になってしまうのです。

このタイプで引き起こされる薄毛の特徴は生え際の後退、頭頂部の薄毛になります。

いわゆるハゲの典型的なスタイルになってしまう訳です。

このタイプの薄毛は最も目立つもので、多くの人が解消したい薄毛なのです。

これを解決する薬品はただ1つです。

5aリダクターゼの酵素とDHTが結び付く事を阻害する性質を持つ薬です。

この性質を持つ薬は完全な医薬品です。

医薬品以外では育毛サプリ等があります。

育毛サプリにも育毛成分が入っています。

育毛系の基本的方向性は頭皮環境を整え、頭皮及び身体の状態を改善する事に目的があります。

その為、即効性を望む事は出来ません。

しかし、その分副作用などの心配は先の医薬品と比較すれば可能性が低く、医薬品よりは安心して使用出来るメリットがあります。

但し、育毛サプリは塗布する育毛剤との併用が無ければほとんど意味はありません。

育毛サプリは塗布する育毛剤の補助的役目のあるもので、併用すれば相乗効果で効き目を期待出来ますが、飽くまで補助品であると言う事です。

もちろん、医薬品である薬剤を飲んだとしても、それ単体で使用するよりは塗布する育毛剤を併用する方がより良い効果は望めます。

しかし、医薬品は単体でも確実に効果を発揮するものであるのです。